エリオポール オンラインストア

  1. スタイリングに彩を加える【manipuri】のスカーフ
TOPICS

スタイリングに彩を加える【manipuri】のスカーフ

2018.09.12

スタイリングに彩を加える【manipuri】のスカーフ

「首に巻いて無地のトップスのアクセントにしようか、頭に巻いてヘアアレンジしようか、それとも半端丈の袖にあわせて手首に巻こうか。いやいやバッグにつけるのもいいかも」と、ひとつのアイテムでいつものスタイルに彩を加え、コーディネートの幅を広げてくれるスカーフ。
そんなスカーフブランドでダントツの支持率を誇るのが【manipuri】(マニプリ)。
エリオポールでも毎シーズン展開していますが、完売を繰り返す人気ブランドとなっております。

人気の理由は魅力的な柄というのはもちろん、シルクのスカーフは日本製で、すべて熟練の職人による手捺染(ハンドプリント)であったり、ふちの始末が高級感とやさしい風合いの手巻き三つ巻縫い(よりぐけ縫い)で仕上げているなど、細部にまでこだわりが詰まっているから。
高いデザイン性+高い職人の技術で他ブランドを寄せ付けない圧倒的な人気を誇っています。

そんなわけで今回は2018年秋冬展開のアイテムをご紹介します。

・Crest silkスカーフ ¥11,000+tax



《商品はこちら》

定番の65cm×65cmで、ベルと代わりにウエストマークもできる長さ。淡いカラーで柄もシーズンを選ばないので、秋冬に限らず通年取り入れられそうです。

・Park silkスカーフ ¥11,000+tax



《商品はこちら》

こちらもの65cm×65cm。「park」という品名で、特におすすめは発色のいいイエロー。秋冬感を取り入れられます。

・Seasonal flower silkスカーフ ¥11,000+tax



《商品はこちら》

こちらもの65cm×65cm。月ごとに旬の花を配するという興味深いデザインで、こちらも通年利用できそうです。

・FLORET silkスカーフ ¥7,800+tax



《商品はこちら》

こちらは53cm×53cmで巻いたときにボリュームが出過ぎないので、首にバンダナのように巻いたり、手首に巻くには最適なサイズです。


以上、【manipuri】のスカーフでいつものコーディネートにアクセントを入れてみてはいかがでしょうか。

【manipuri全商品はこちら】

GoTop